「世界は変えられる」子どもがそう信じられる社会に フリー・ザ・チルドレン
HOME
Free The Children Japan » フリー・ザ・チルドレンとは

フリー・ザ・チルドレンとは

フリー・ザ・チルドレンは、
1995年カナダにて当時12歳のクレイグ・キールバーガー少年
によって設立された国際協力団体です。

すべては12歳の少年からはじまった


カナダ人のクレイグ少年(当時12歳)は、ある朝新聞で、世界には貧困のため奴隷のように働かされる子どもがたくさんいることを知り、大きなショックを受けました。

なぜ、子どもなのに働かなければいけないの?どうして、学校に行けないんだろう?

疑問とともに憤りを感じたクレイグは、働かされる子どもたちを助けたいと思うようになりました。そこで、子どもの問題なら、自分たち子ども自身で取組もうと考え、「Free The Children(フリー・ザ・チルドレン)」を設立。

「子どもにできることなんて無いよ」と何人もに言われたクレイグくんですが、

「子どもだからこそできることがある」

と信じ、活動をあきらめることなく続けた結果、

途上国に現在まで1,000校以上もの学校建設を行い、20万人の子どもが教育を受けられるようになりました。

ひとりの少年から始まった活動は、現在では日本を含む20か国以上で230万人もの子どもや若者が参加するまでになりました。


日本でも活動スタート


1997年アメリカのNGOでインターンをしていた当時25歳の日本人女性(中島早苗 現・代表理事)は、ある日雑誌でフリー・ザ・チルドレンを創設したクレイグくんの記事を読み、「子どもが子どもを支援する国際協力」という理念に賛同し、日本の子どもに紹介しようと帰国後の1999年に日本支部を設立。現在、1,500人もの子どもや若者がメンバーとなって積極的に活動しています。

ビジョンー私たちが目指す社会

世界中の子どもが子どもの権利を侵害(しんがい)されることなく、心もからだも健康に育つことができ、自身の夢や希望を実現できる社会。そして、世界中の人々、特に子どもが国籍(こくせき)・宗教(しゅうきょう)・年齢(ねんれい)・性別(せいべつ)・文化に関係なく、互いを認め合い、互いに勇気付ける社会。

ミッションー私たちの使命

2つの「Free」を実現すること
ミッション1 貧困や児童労働から子どもをFree(解放)すること。
ミッション2 「子どもは無力だ」という考えから子どもをFree(解放)すること。

活動理念

「子どもや若者は助けられるだけの存在ではなく、自身が変化を起こす担い手である」という考えを大切にし、伝えていきます。

フリー・ザ・チルドレンのはじまり (創設者クレイグ紹介)

はじまり
(創設者クレイグ紹介)

1995年、当時12歳だったクレイグくんは学校に行く前にマンガを読もうと新聞を手にしますが、ある記事が彼の目に飛び込んできました。

続きを読む

FTCJのはじまり

代表ごあいさつ

創設者クレイグがカナダでFTCを創設した4年後の1999年、FTCの日本事務局であるフリー・ザ・チルドレン・ジャパンが設立されました。設立者であり、現代表理事の中島早苗からのメッセージです。

続きを読む

組織概要

組織概要

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの組織情報はこちらでご確認頂けます。

続きを読む

ボランティア紹介

活動内容

フリーザチルドレンジャパンでは、2つのミッションを達成するために、
国内外で5つの事業を行っています。

続きを読む

協賛企業・助成金

協賛企業・学校

ご支援・ご協力いただきました企業・団体・学校をご紹介します。

続きを読む

メディア掲載

メディア掲載

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンにまつわる話題が取り上げられたメディア情報をご確認頂けます。

続きを読む

よくあるご質問

よく聞かれるご質問

よくお問い合わせ頂く内容をまとめました。

続きを読む

ご質問・ご不明な点ございましたら下記よりご連絡をお願いいたします。

お問合せはこちらから

 

このエントリーをはてなブックマークに追加