子ども・若者の力を育てる国際協力NGO フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
HOME
Free The Children Japan » 団体について » はじまり(創設者クレイグ紹介)

はじまり(創設者クレイグ紹介)

はじまり(創設者クレイグ紹介)
クレイグ・キールバーガー(当時12歳)
クレイグ・キールバーガー(当時12歳)

1995年、当時12歳だったクレイグくんは学校に行く前にマンガを読もうと新聞を手にしますが、ある記事が彼の目に飛び込んできました。

「前略…イクバル・マシフ(12歳)は幼いころ、とても貧しく生活が苦しいため、両親から引き離されてじゅうたん工場に売られてしまった。工場では週に6日、一日12時間の労働を強いられていたが、NGOの助けで工場からの脱出に成功し、児童労働反対をうったえる活動家としてパキスタンや欧米諸国(おうべいしょこく)をまわっていた。しかし、母国に戻ったイクバルは何者かに射殺(しゃさつ)された。」

クレイグくんは、おない年のイクバルの死や、自分とのあまりに大きな生活環境の違いを知って、強いショックを受けました。そこで、クレイグくんは、同じ子どもの問題なら自分たち子どもで取組もうと「フリー・ザ・チルドレン(FTC)」を設立しました。

彼はまず手始めに教会や学校の友人に呼びかけました。世界では2億人以上の子どもたちがかこくな労働を強いられていて、しかもそのうちの半分もの子どもは非常に危険な環境で働かされているという事実を必死に伝えました。すると、たくさんの友人から「そんなことが世界で起こっているなんてしらなかった。何か自分にできることをしたい!」という賛同(さんどう)の声が数多く寄せられ、活動への参加が増えるようになりました。

世界に報道されたイクバル少年射殺記事   FTC設立当初のメンバー
世界に報道されたイクバル少年射殺記事 FTC設立当初のメンバー

そしてクレイグは、ストリートチルドレンや強制労働(きょうせいろうどう)をさせられている子どもたちに会いに行くため、また、子どもの権利を広めるために世界30カ国以上の国々を旅しました。

フリー・ザ・チルドレンは子どもの国際的なネットワークとして広がり、今では、カナダ・アメリカ・ ヨーロッパ・インド・ブラジル・インド・ケニア・日本その他20カ国以上でたくさんの子どもたちが「かこくな環境におかれた子どもの代弁者(だいべんしゃ)」として声をあげ様々な活動を展開しています。


フリー・ザ・チルドレンがしていること・してきたこと

学校建設を手伝うクレイグ (2001年)

学校建設を手伝うクレイグ
(2001年)

新しくできた教室で子どもたちと一緒に本を読むクレイグ(2002年 中国で建てた学校で)

新しくできた教室で子どもたちと一緒に本を読むクレイグ(2002年 中国で建てた学校で)

  • 開発途上国の子どもが教育を受けられるように学校を建設、運営
  • 収入向上支援プロジェクトの実施
  • 衛生的な水の確保(井戸建設)や衛生教育
  • 病気予防などの医薬品の提供
  • 児童労働の問題を多くの人に知らせるためのアドボカシー事業の実施
  • スピーチや写真展示会、演劇、ロールプレイ・ワークショップ、その他いろいろなイベントを通して、世界の子どもの現状を伝える活動を行う。
  • 他団体とネットワークを構築してキャンペーンの実施
  • 国際レベルで子どもたちへのリーダーシップ・トレーニングの実施
  • 子ども・ユースの地域・国際地域での活動サポート

などさまざまな活動を実施しています。

また、フリー・ザ・チルドレンはこれまで、企業に対して児童労働を使用しないで経済活動を行えるような体制つくりを要請したり、政府に対しては、子どもたちを搾取や性的虐待から守るために法律を改善するよう要求するなどもしました。

現在では、世界で一番大きな“子どもによる子どものための国際協力団体”となっています(45ヶ国で170万人以上の子どもが活動)。

1995年から今までに1000以上の学校を建て、20万人以上の子どもが教育を受けられるようになりました。

100万人以上の人が、衛生的な水にアクセスできるようになるなどの実績を上げています。

3年連続ノーベル賞候補。世界で認められる団体です

クレイグは、南北アメリカやヨーロッパにおいて、60Minutes(CNN)や大手テレビ局の番組に多数出演し、その活動が高く評価されています。

クレイグの活動を取材したドキュメンタリー番組は1999年、ニューヨーク・フィルムフェスティバルにおいて、ユネスコ賞の金賞に輝きました。彼の、貧しい子どもたちや虐待を受けた子どもたちの為の努力は、ニューヨーク・タイムズ、シカゴ・トレビューン、ニューズウィーク、スターン、ポイント・デ・ビューやロンドンタイムズ紙に大々的に取り上げられました。

マザーテレサとクレイグ
マザーテレサとクレイグ


世界情勢フォーラム賞やルーズベルト・フリーダムメディア賞を始めとする様々な賞を受けました。彼は、スイスで開かれた世界経済フォーラムで、「明日の世界的リーダー」として、またサラエボで、初の子ども大使館の大使として承認されました。

2000年以降、過去3回「ノーベル平和賞」にフリー・ザ・チルドレンと創設者で代表のクレイグ・キールバーガーがノミネートされました。また、2002年日本で(財)尾崎行雄記念財団が世界平和の貢献に寄与した人物に与える「咢堂賞(がくどうしょう)」がクレイグ・キールバーガーに授与されました。

2006年には子どもに贈られるノーベル平和賞といわれる「世界の子ども賞」 (World Children's Prize)をクレイグが受賞しました。


カナダのトロント大学で平和紛争学を学んだ後、ヨーク大学シュー リック・ビジネススクールにてエグゼクティブMBAコースを史上 最年少で修了。今までの教育と人権の分野での活躍が称えられ4つ の名誉博士号が授与されました。現在も精力的にFree The Childrenの活動に創設者として従事しています。開発途上 国で行っている支援事業を視察したり、子どもや若者向けに「リー ダーシップトレーニング」を 行ったり、世界各地でスピーチをしたりと世界を舞台に活動しています。

2015年1月世界一受けたい授業に出演しました!

クレイグや児童労働のことをもっと知ろう!書籍紹介

僕たちは、自由だ!クレイグ少年の南アジア50日間の冒険 (原題:Free The Children)

僕たちは、自由だ!クレイグ少年の南アジア50日間の冒険
(原題:Free The Children)

著者: クレイグ・キールバーガー
翻訳: 佐光 紀子
出版社: 本の泉社出版
価格: 1,944円(税込)

FTC創設者の12歳のクレイグ少年が、働く子どもたちの現状を知るために、南アジア5カ国を50日間旅した様子が描かれています。児童労働について、ストリートチルドレンについて、彼らを支援する団体について、解決に向けて子どもにできること、など、とても細かく分かりやすく書かれています。カナダ、アメリカをはじめスペイン、ドイツ、フランスでも翻訳・出版されました。児童労働に従事する子どもたちを知るための必読本!!

世界を変える!みんなの力 Me to We

世界を変える!みんなの力 Me to We

著者: クレイグ&マーク・キールバーガー共著
翻訳: 佐光 紀子
出版社: 柏書房刊
価格: 2,052円(税込)

FTCの創設者クレイグと兄のマークの共著「Me to We」の日本語版です。この本はアメリカやカナダではベストセラーになっていて、大学生、社会人、高校生などたくさんの世代に親しまれ読まれています。内容は、クレイグやマークのFTCをはじめたきっかけやその後の活動と、世界の人々へのメーセージが凝縮されています。Me(自分)からWe(みんな)へ、視点のチェンジで、世界を変える一歩を踏み出した仲間たちの感動のストーリーです。

キッズ・パワーが世界を変える―クレイグ少年の物語

キッズ・パワーが世界を変える―クレイグ少年の物語

著者: クレイグ・キールバーガー
構成・翻訳: 中島 早苗
出版社: 大月書店出版
価格: 1,512円(税込)

カナダ人の12歳の少年クレイグ君が、途上国にいる貧しくて働かないと生きていけない子どもたちを応援するためにフリー・ザ・チルドレンという団体を設立してから、その後の活動について紹介しています。子どもだからこそできること、子どもが国際問題に取組むことへのヒントがクレイグ君の活動を通して描かれています。小学校中学年から読めるよう漢字にはルビを振ってあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加