子ども・若者の力を育てる国際協力NGO フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
HOME
Free The Children Japan » 団体について » 組織概要 » 子ども代表委員

子ども代表委員


■子ども代表委員とは

子どもメンバーの先頭に立って皆を指揮するという立ち位置ではなく、子どもメンバーがお互いに繋がり合って活動できるようにサポートする人たちのことです。

■役割
子ども代表委員はこの活動目的を達成するために下記の役割を担います。

(1)子どもメンバーが活動する場をつくる
① 年度始めの主体事業(プロジェクト)の立ち上げを行う。例えば、子どもメンバーに呼びかけてミーティングを行い、第一回ミーティングのファシリテーターとしてプロジェクトリーダーを決めるまでの作業。そこからのプロジェクト参加は子ども代表委員としてやるのではなくプロジェクトメンバーとして参加する。

② 全国の子どもメンバーがが繋がる場をつくる。

(2)総会での議決権を持ち、子どもメンバーを代表して意見することができる


2015年度子ども代表委員の紹介


笹野 千枝里(高校3年生)


今、世界で何が起こっているのか。児童労働についてもっと深く知り、解決するために私たちは何が出来るのかを考え、自らアクションを起こし発信していきます!
誰でも気軽に参加できるイベントを企画し、また、全国のメンバーが繋がれる環境をつくりたいと思います!

川島 悠(高校2年生)

世界中で起きている社会問題に対して子どもならではの視点・思考で、起こせるアクションとは何か。より柔軟な思考を持っている子どもにだからこそ思いつくアイディアがあります。それらを解決につながる大きな力に変えるために役立つような企画を提案していきたいと考えています。

 

歴代子ども代表委員はこちらのページでご確認頂けます。

このエントリーをはてなブックマークに追加