子ども・若者の力を育てる国際協力NGO フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
HOME
Free The Children Japan » 団体について » 組織概要 » 年次活動報告

年次活動報告

2016年度ハイライト

 
1.子ども活動応援事業・アドボカシー事業の拡大
2.フィリピン障害者支援事業開始
3.熊本緊急支援実施



 

2015年度ハイライト

 
1.ネパール緊急支援事業の実施
2.全国規模での出張講演・ワークショップの実施
3. 海外自立支援事業の質的拡充の継続
4.労務環境の改善と体制づくり、個人情報の管理システムの構築と運用

 



 

2014年度ハイライト

 
1.15周年特別事業の実施
2.キッズパワーサポーターの広報の充実と獲得
3. 個人情報の管理システムの構築と運用

 



 



2013年度ハイライト

 
 1.東日本大震災によって被災した子どもたちへの教育支援の実施
 2.フィリピン大型台風の被災地域に対して、緊急支援を実施
 3.学校や企業などの法人や、メンバー向けの資料の作成とアプローチ

 



 

 

2012年度ハイライト


1.子どもメンバーや若者に向けたサポートを充実させ、彼らの主体的な活動の涵養
2.海外自立支援事業の拡充を行い、より多くの途上国の子ども支援を実現
3.組織の業務体制と中長期計画の見直し
4.認定NPO法人に伴う会計作業フローの明確化と堅調な対応のための体制強化

 

 

2011年度ハイライト

  1. 年次活動報告
    東日本大震災への緊急支援として、福島県相馬市の学校や教育委員会と連携して活動を実施
  2. 東アフリカ干ばつ緊急食料・医療・教育支援の実施 
  3. WEBリニューアルによるメンバー登録の増加 
  4. 子どもメンバーによる活動活発化に向けた体制作りと実質的サポート強化の実施
  5. 世田谷区における地域密着型活動への着手 
  6. 認定NPO法人取得に向けた活動とその実現

2010年度ハイライト

年次活動報告

FTCネットワークを活かし、新しい事業と組織強化に取り組みました。

  1. FTCカナダへの専任スタッフの派遣によるリーダーシップトレーニング事業開発の実施 
  2. FTCインドへのスタディツアー実施とインドの子ども支援に向けた話し合い 
  3. FTCカナダで習得したリーダーシップトレーニングの技術と情報を用いて、日本の子どもへのエンパワーメントの 実施
  4. 組織内部強化の取組み(ウェブデザイン改訂、アクセスデータベースのプログラミングなど)
  5. 子ども主体事業による「チョコレートプロジェクト」が強化されました

2009年度ハイライト

年次活動報告

フリー・ザ・チルドレン・ジャパン設立10周年を節目に、事業計画の重要事業として掲げていた以下の4つを実施することができました。

  1. 日加修好80周年記念フリー・ザ・チルドレン・ジャパン主催「MONKEY MAJIKチャリティーライブ」の実施
  2. FTC創設者クレイグ・キールバーガー招聘(しょうへい)プロジェクトの実施 
  3. インド自立支援「学校建設事業」実現に向けたキャンペーンの実施
  4. 「世界を変える!みんなの力 Me to We」への出版協力

2008年度ハイライト

年次活動報告

モンゴルでの支援事業をスタートしました。日本では9月から事務局の専従スタッフ1名をおくようになりました。

  1. モンゴルでの図書館設置運営事業を開始しました 
  2. FTCインターナショナル(カナダ)との連携強化のためカナダを訪問しました
  3. 事務局事業体制強化による変更と、関西での活動の基盤強化のために「関西連絡所」を設置しました
  4. 「アクションキッズ」と「キッズパワーキャンペーン」が発足しました

2007年度ハイライト

年次活動報告

新しい支部が増え、子ども主体の活動が各地で行われました。同時に子ども育成活動が社会的に評価されました。

  1. 新しい支部が増え、活動の輪が広がりました
  2. 子ども代表委員による企画「子どもサミット」を開催しました
  3. ソロプチミスト「青少年指導者育成賞」を事務局長の中島早苗が受賞しました
  4. 「モンゴルの子ども支援事業」を設置して、2008年度から事業を開始するための準備や資金調達に取り掛かりました。
  5. フリー・ザ・チルドレン・ジャパンアカデミーを開催しました

2006年度ハイライト

年次活動報告

子ども活動応援事業の「フリー・ザ・チルドレン・ジャパン夏キャンプ」活動を北海道支部と協力して実施し、子どもによる活動の可能性や意義を広めrことができました。

  1. 「フリー・ザ・チルドレン・ジャパン夏キャンプ」活動を北海道支部と協力して実施しました
  2. 「フィリピンの少女ピア」の出版をしました
  3. フィリピンの人権活動家ピア・コーベラさんを日本に招き、「ピア来日キャラバン講演会事業」を実施し、複数のメディアで活動が取り上げられ、活動の輪が広がりました
  4. 情報管理、事務作業のためにアルバイトを初めて雇用しました

2005年度ハイライト 

子ども代表委員による子ども主体事業にて複数の支部で「児童労働と教育について考えようキャンペーン」を実施し、子ども向けのワークショップや学習会が開催されました。

  1. 子ども主体「児童労働と教育について考えようキャンペーン」を実施
  2. 子ども向けのワークショップや学習の実施
  3. 夏キャンプ、インドとフィリピンへのスタディーツアーを実施
  4. カナダ大使館での2回目の「チャリティーコンサート」を実施

2004年度ハイライト 

年次活動報告

2004年9月にNPO法人を取得しました。
事務局を台東区東上野に移動し、活動拠点を新たに開設しました。

  1. カンボジアNGO「HCC」にシェルター建設資材購入資金を寄付しました
  2. フリー・ザ・チルドレン・ジャパンメンバーが集まれる全国キャンペーンの計画を開始しました
  3. 夏キャンプ、インドとフィリピンへのスタディーツアーを実施
  4. カナダ大使館での1回目の「チャリティーコンサート」を実施

2003年度ハイライト 

年次活動報告

「クレイグとFTCの活動紹介」の本の出版準備と共に、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンへの問合せも増え、子どもメンバーも増えてきました。海外自立支援事業もインドにて開始しました。

  1. イタリア会議に子ども代表委員が参加しました
  2. 夏キャンプ、インドとフィリピンへのスタディーツアーを実施
  3. 「キッズ・パワーが世界を変える―クレイグ少年物語キッズパワー」の出版が決まりました

2002年度以前のハイライト

年次活動報告

2002年12月15日~21日までFTC創設者のクレイグ・キールバーガー君が尾崎行雄記念財団から「咢堂賞(がくどうしょう)」受賞のため来日しました

  • 2002年フィリピンスタディーツアーを実施しました
  • 2002年サマーキャンプを実施しました
  • 2001年インドスタディーツアー(カナダ主催)に参加しました
  • 2001年夏合宿を行いました
  • 2000年プレダ基金へジプニーを贈りました
  • 2000年クレイグを招聘しました
  • 1999年プレダ基金への支援を開始しました
  • 1999年1月1日活動を開始しました
このエントリーをはてなブックマークに追加