子ども・若者の力を育てる国際協力NGO フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
HOME
Free The Children Japan » 学ぼう »本を読む

本を読む

おすすめ資料

フリー・ザ・チルドレンでは、活動に役立つ様々な資料を用意して いるので、チェックしてみよう!

 


 

 

 

 

 

 

チャレンジ!キッズスピーチ(英語対訳つき)①~③

「もっと、問題や想いを伝えたい」「世界の現状をみんなに知ってほしい」と感じているみなさまにお勧めの「スピーチ力」を高める本です。

世界の子どものスピーチとその背景を学びながら、子ども自身が発信するのに役立つ実践的なスピーチ技術を伝える3巻シリーズです。


チャレンジ!キッズスピーチ
第1巻できるよ!はじめてのスピーチ

著者: 中島早苗、天野Faith冬樹
編:フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
出版社: 大月書店出版 価格: 1,944円 (税込)

※『チャレンジ!キッズスピーチ』対訳の追加について
http://www.otsukishoten.co.jp/news/n15883.html

購入はこちら


チャレンジ!キッズスピーチ
第2巻 平和を求めた子どもたち

著者: 中島早苗、天野Faith冬樹
編:フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
出版社: 大月書店出版 価格: 2,700円 (税込)

購入はこちら


チャレンジ!キッズスピーチ
第3巻 子どもの権利を訴える

著者: 中島早苗、天野Faith冬樹
編:フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
出版社: 大月書店出版 価格: 2,700円 (税込)

購入はこちら



僕たちは、自由だ!クレイグ少年の南アジア50日間の冒険
(原題:Free The Children)

僕たちは、自由だ!クレイグ少年の南アジア50日間の冒険
(原題:Free The Children)

著者: クレイグ・キールバーガー
翻訳: 佐光 紀子
出版社: 本の泉社出版
価格:1,9440円(税込)  

FTC創設者の12歳のクレイグ少年が、働く子どもたちの現状を知るために、南アジア5カ国を50日間旅した様子が描かれています。児童労働について、ストリートチルドレンについて、彼らを支援する団体について、解決に向けて子どもにできること、など、とても細かく分かりやすく書かれています。カナダ、アメリカをはじめスペイン、ドイツ、フランスでも翻訳・出版されました。児童労働に従事する子どもたちを知るための必読本!!

購入はこちら

世界を変える!みんなの力 Me to We

世界を変える!みんなの力 Me to We

著者: クレイグ&マーク・キールバーガー共著
翻訳: 佐光 紀子
出版社: 柏書房刊
価格:  2,052円(税込)

FTCの創設者クレイグと兄のマークの共著「Me to We」の日本語版です。この本はアメリカやカナダではベストセラーになっていて、大学生、社会人、高校生などたくさんの世代に親しまれ読まれています。内容は、クレイグやマークのFTCをはじめたきっかけやその後の活動と、世界の人々へのメーセージが凝縮されています。Me(自分)からWe(みんな)へ、視点のチェンジで、世界を変える一歩を踏み出した仲間たちの感動のストーリーです。

購入はこちら

キッズ・パワーが世界を変える―クレイグ少年の物語

キッズ・パワーが世界を変える―クレイグ少年の物語

著者: クレイグ・キールバーガー
構成・翻訳: 中島 早苗
出版社: 大月書店出版
価格:1,512円(税込)

カナダ人の12歳の少年クレイグ君が、途上国にいる貧しくて働かないと生きていけない子どもたちを応援するためにフリー・ザ・チルドレンという団体を設立してから、その後の活動について紹介しています。子どもだからこそできること、子どもが国際問題に取組むことへのヒントがクレイグ君の活動を通して描かれています。小学校中学年から読めるよう漢字にはルビを振ってあります。

フィリピンの少女ピア~性虐待をのりこえた軌跡~

フィリピンの少女ピア~性虐待をのりこえた軌跡~

著者: 中島早苗、野川未央
出版社: 大月書店出版
価格: 1,512(税込)

これは、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンのパートナー団体のフィリピンのNGO「プレダ基金」に所属するピア・コーベラの半生を描いた本です。なぜ、子どもが働かなければいけないのか、児童労働の現状、児童労働から解放され尊厳を取り戻すまでについて、 実在するピアの生涯を通じて知ることができます。 両親と暮らしたことがなく、8歳からセックスワーカーとなったピア。「ひとりで悩まないで。いつも私がそばにいてあなたといっしょに闘っています」彼女からのメッセージに耳を傾けると、大事なことがみつかると信じて、ぜひ多くのかたに読んでもらいたいと思っています。

購入はこちら


このエントリーをはてなブックマークに追加