子ども・若者の力を育てる国際協力NGO フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
HOME
Free The Children Japan » はじめよう » スタディーツアーに参加

スタディーツアーに参加しよう

スタディーツアーに参加


募集中のツアー


フィリピン
~子どもと触れ合うボランティアの旅~
2017年3月25日(土)〜3月31日

詳細はこちら


フリー・ザ・チルドレンのツアーは、何がちがうの?

5つのコンセプト
イメージ

その1!安心・安全第一のプログラムです。

スタディツアーでは、フリー・ザ・チルドレンが支援している地域を訪問します。現地にはその地域を熟知し普段から活動している私たちのローカルスタッフとともに、安心・安全第一でプログラムを組んでいますので、安心してご参加頂けます。

 

イメージ


その2!ありのままの現地を訪問し、子どもやおとなと触れ合えます。

スタディツアーでは、通常の観光ではなかなか体験できない、支援先のコミュニティを訪問し、その地域の人々の声を聞き状況を学び、彼らと交流できるプログラムとなっています。だから、現地のありのままの様子やそこから垣間見える人々の生活を感じることができるのです。

イメージ

その3!ボランティア・ワークで地域からより良い変化を起こせます。

スタディツアーでは、支援先から求められているニーズにあわせ、ツアーに参加する皆さんにボランティアをしてもらいます。例えば、学校建設のためのセメント作りや、ハーブガーデンを設置するための土堀り、子どもへのアクティビティ実施など、地域への貢献に繋がるより良い変化のための第一歩をツアー中に踏み出せます。

 

イメージ

その4!より良い世界へと変えるための、リーダーシップ・スキルを学びます。

フリー・ザ・チルドレンでは、「一人一人が、変化を起こす担い手である」という理念のもと、ツアー中に、世界をより良いものへと変えていくために、自分たちに何ができるのかを考えるワークショップ(ゲームやディスカッションなどを使った学びの場)を持ち、活動に取組むためのヒントやスキルを楽しく学べるようプログラムがデザインされています。

イメージ

その5!文化や自然を満喫できます。

スタディツアーでは、支援先への訪問だけではなく、その国の文化や自然を感じることができるプログラムになっています。ケニアでは、大自然のなかサファリ・ドライブがあり野生動物を間近に見ることができるでしょう。インドやフィリピンでは文化遺産に登録されている建造物への訪問などを通じて歴史を感じることができるでしょう。

 

スタディツアー訪問地域

訪問先は次の3つ。それぞれの国によってプログラムが異なりますが、どれも思い出深く忘れられない旅となることでしょう。いっしょに、海外への扉をたたいてみませんか。

国旗フィリピン

イメージ

スラム地域でのホームステイや、先住民族コミュニティへの訪問、路上から救出された子どもへの支援ボランティアなどが体験できます。

ひとなつっこい、とびきりの子どもたちの笑顔に会いに行こう!

詳細を見る

国旗ケニア

イメージ

支援地域の人々と交流しながら水汲み体験やボランティアを行い、地域の課題を考えます。サファリツアーで野生動物と出会い大自然が味わえます。

アフリカの大地の鼓動を感じよう!

詳細を見る

国旗インド

イメージ

タージマハル観光や夜行列車の移動が体験できる学校建設ボランティアの旅。支援する子どもたちと交流しながら農村地域での人々の暮らしを学びます。

魅惑の国インドで想定外を楽しもう!

詳細を見る

 

スタディツアーをカスタマイズ!

フリー・ザ・チルドレンが支援している開発途上国地域では、グループの訪問受入れが可能です。グループの年齢、目的、ご要望に応じて、プログラムをご提供いたします。

※原則、10人以上のグループが対象です。プログラム内容、日数に応じて料金が変わります。

カスタマイズ・ツアーで、ご提供できるプログラム

① 地域の課題を直に知る

支援地域を訪問しながら、地域が抱える課題が何かを現地スタッフや地域の人々との交流を通じて学べます。

② 自分にできることを考える

イメージ

地域が直面している課題に対してどのような取組が必要なのか、そして、私たち一人一人にできることは何かを参加型ワークショップで考えます。

③ 活動に必要なスキルを学ぶ

社会問題を解決するためのアクションを起こすときに、必要なスキルや視点を身に付けられるよう、リーダーシップトレーニングを実施できます。

④ 現地でボランティア

実際に地域から求められているニーズにあわせたボランティア活動に参加できます。

例えば・・・

 

学校の修学旅行日程の2日間のみを、フリー・ザ・チルドレンの支援地域を訪問して、貧困地域が抱える問題を学んだり、ボランティア活動をしたい、という場合は、そのご希望に沿って2日間のプログラムを立てて、現地スタッフが対応いたします。

このようなグループにおススメ!

アイコン子ども・ユース

  • 貧困地域の人々の自立に向けたボランティア活動にとりくみたい。
  • 国際協力について学び、実際にどういったことが自分にできるのか考えたい!

アイコン学校関係者

  • 大学の開発学の一環として、NGOの支援地域の現状を学びたい。
  • 修学旅行で生徒にボランティアを体験させたい!

アイコン企業の方

  • 社員研修の一環として、貧困などの社会問題に着目するような人材育成に活用したい!
  • プロジェクトチームの一人一人の士気を高め、チームワークをアップさせたい!
  • 社会貢献活動として、社員のボランティアの実践の場として参加したい。

アイコンその他グループ

  • 女性の自立支援や収入向上プログラムといった取組みについて学びたい!
  • 子どもの権利擁護に向けた取り組みや、子どもの権利から見たアプローチについて学びたい。
  • フェアトレードの仕組みについて知識を深めたい。
▼

対象や目的に応じてプログラムをカスタマイズ!

事例紹介:株式会社ディアーズ・ブレイン様 / 1日交流プログラム

イメージフリー・ザ・チルドレンを通じて、インドでの小学校建設事業にご支援下さったNPO法人Shared Smile Japan(株式会社ディアーズ・ブレイン)様の社員の皆様30名を対象にして、小学校開校式と交流プログラムにご参加頂けるよう現地1日訪問ツアーのプログラムを実施しました。

◆1日交流プログラム・タイムテーブル

7:30 ウダイプール空港集合 → 支援先の村へ車で移動
10:00 村に到着 → 歓迎会・開校式(司祭、村人、学校長、生徒たちとともに)
12:00 ランチ
13:30 交流プログラム スタート(小学校に通う予定の子どもたち60人を対象)
運動会や縁日を校庭や教室を使って実施
16:30 プログラム終了 → ウダイプール周辺宿泊先ホテルへ車で移動
19:00 ホテル到着
  おつかれさまでした!

カスタマイズ・ツアーにご関心あるかたは、まずはお問い合わせください。
TEL&FAX:03-6321-8948

お問合せはこちらから

Webスタディツアーにアクセスしよう!

Webスタディツアーに参加しよう

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンが支援する国のことを詳しく学ぼう!
スタディーツアー形式で開発途上国が抱える課題や取組みについて学べます。

このエントリーをはてなブックマークに追加