子ども・若者の力を育てる国際協力NGO フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
Free The Children Japan » はじめよう » スタディーツアーに参加する » インドスタディツアー2017

インドスタディーツアー2017夏
~インドの村で子どもに出会う、ボランティアの旅~

*click here for English
宿泊施設
食事
スケジュール
参加者の声
フリー・ザ・チルドレンのツアー
は何が違うの?
募集要項


魅惑の国インドで想定外を楽しもう!


中高生の今だから世界へでかけよう!

団体設立から16年間の子どもの活動のサポートの実績がある当団体が主催するスタディツアーは中学生から単独での参加が可能です。10代という時期は、興味の幅を広げたり、多様な考え方を前向きに受け入れるようになるには最高のタイミング。 普段学校では味わえないスケールの様々な学びを与えてくれます!(もちろん大学生・社会人の参加も歓迎です)

一生忘れられない旅に!

スタディツアーでは、観光ツアーでは知ることの出来ないような現地の方々の生活を体験し、日本の生活が当たり前ではないという世界の現実を体感することができます。 そして皆でのボランティアワークや、ディスカッションなどを通じて、本音を語ることができる仲間になっていきます。仲間達と将来について話をする機会もあり、帰国後もずっとずっと関わっていける出会いがあります。きっと、あなたにとって忘れられない時となるでしょう。



申込フォームはこちら

◆説明会について

スタディツアーの説明会を東京で開催します。
【日時】6月11日(日)16:00-
【場所】フリー・ザ・チルドレン・ジャパンオフィス(京王線 千歳烏山駅より 徒歩3分)
【参加費】無料
【申込方法】https://ws.formzu.net/fgen/S11261645/よりお申込みください。


◆過去の報告書はこちら◆
下記よりダウンロードいただけます。ぜひご覧ください。
インドスタディーツアー2011
インドスタディーツアー2012


 

宿泊施設

宿泊先はゲストハウスといった安い宿泊先に泊まるのではなく、設備等もしっかりしたスタンダードホテルへの宿泊を基準としています。また滞在する支援先の村では、当団体の専用施設「Me to Weアラベリコテージ」に泊まります。こちらはスタディーツアー参加者のみが利用する施設で、トイレ、シャワー(温水)も完備しており衛生的で安全な施設ですのでご安心ください。


■食堂


■コテージ

 

食事

衛生的に問題がないとみなされるレストランを厳選しご案内しています。 また、滞在先の宿泊施設には食堂を完備し、衛生面には細心の注意払って調理しており、インド料理をベースに栄養バランスの考えられた食事を提供します。水についても、水筒を持参いただき、プログラム中はミネラルウォーターを提供します。

 


■食事例①


■食事例②


 

スケジュール(予定)

DAY1 

 

9:00成田空港集合 
11:15 成田空港出発 
17:00 デリー空港着 
到着後、ホテルへ専用車にて移動

・夕食(レストランでインド料理)
ホテル泊(ホテルメトロハイツ)

 
DAY2
     

 

・朝食(ホテル)


<世界遺産を観光>
アグラへ専用車にて移動し、世界一美しい建造物の一つで世界遺産タージマハルを観光
・昼食(レストランでインド料理)
アグラからジャイプール駅へ専用車にて移動
・夕食(ファーストフード※こちらは旅行代金には含まれず各自負担となります)


<寝台列車でウダイプールへ>
ジャイプール駅からは寝台列車にて次の目的地ウダイプールへ出発

DAY3

 

<朝 ウダイプールに到着>
ウダイプールのレストランで朝食後、街を少し見て、フリー・ザ・チルドレンが支援する村へ移動します。


< 支援している村へ >
女性グループや地域の部族、地域に住む人々に会います。
その地域の文化、伝統、人々の生きる喜びや課題について自分の肌で学ぶことができます。
・昼食(宿泊施設にて)


<支援プロジェクトについてのオリエンテーション >
貧困の悪循環を断ち切り、長期的で持続的な地域の発展を実現させるためにFTCが開発した独自支援プログラムであるAdopt-A-Village(AAV)モデルについて学びます。
・夕食(宿泊施設にて)

DAY4

<朝 ヨガ レッスン>
朝はヨガからはじまり、その後に朝食です(宿泊施設にて)


<コミュニティでの開会式>
伝統儀式に参加し、地域の人たちに加わります。
・昼食(宿泊施設にて)


<ボランティア>
学校建設、ガーデニングや診療所の修繕作業ボランティアなど


<コミュニティ訪問>
村の女性と伝統的な方法である土のストーブで一緒にチャイやサモサを作ったり、地域の井戸から家へと水を運んだり、乳牛や食用牛のお世話をしたり村での生活を体験できるプログラムを用意しています。現させるためにFTCが開発した独自支援プログラムであるAdopt-A-Village(AAV)モデルについて学びます。


・夕食(宿泊施設にて)

  DAY5  

<朝 ヒンディー語 レッスン>
朝食(宿泊施設にて)後にヒンディー語を学びます。


<村の子どもや人々と交流>
子どもたちに折り紙を教えたり、絵本を読んだり、ゲームをしたり、学んだヒンディー語を使おう


<ボランティア>
学校建設、ガーデニングや診療所の修繕作業ボランティアなど
・昼食(宿泊施設にて)


<クンバルガル城砦観光>
万里の長城に継いで世界で2番目に長い城を観光


<夜 アクティビティー>
毎日アクティビティーの時間があり、世界の問題について学び、参加者とディスカッションをします
・夕食(宿泊施設にて)

DAY6


<働く子どもに出会う>
早い朝食(宿泊施設にて)をすませてから街へでかけて、働く子どもの現状を学びます。
・昼食(レストランにインド料理)
15:10 ウダイプール空港発 
16:25 デリー空港着
21:15 デリー空港発 ※夕食 機内食あり 

DAY7

8:45 成田へ到着 解散

 

申込フォームはこちら

参加者の声

山田梨乃さん(参加当時 中学生)

私は世界の子どもたちの現状を学校などで話していたのですが、実際に子どもたちの現状を見ていないと説得力にかけてしまうと感じることがありました。
なので、実際にインドの子ども達に直接会えば、中学生の私が感じた思いを同じ子どもとして、日本の人たちに伝えることができると思い、スタディーツアーの参加を決めました。

実際にインドに行って、働いている小さなこどもたちと出会ったとき「この子は毎日どんな気持ちで働いてるんだろう?」と考えましたが、答えが想像できませんでした。

そして、すぐ横で同じくらいの年齢の子が遊んでいるのを遊んでいるのを見たときその違いを目の当たりにして「なんで同じ子どもなのに、あの子は遊べて、あの子は働いているの?!」ととてもショックを受けました。

支援先の村で遊んでいる子ども達はみな笑顔で、かわいくて、輝いていました。目の輝きが日本とは違うようなきがしました。とってもたくましい子ども達でした。
いろいろな子ども達と実際に出会うと、自分の気持ちをどんな言葉で表していいのかわかりませんでした。

でも、世界にはこういった子ども達がいるということを、誰かに伝えて、またその話を聞いた人が誰かに伝えていけば、きっと少しでも何か変化や行動がうまれるのではないかと、私は思いました。

だから、これからも、世界の子ども達のことを誰かが興味をもってくれたらいいなと思いながら、このインドで出会った子ども達のことを伝えていきたいと思います。

本当に「行ってよかった!」と心から思えるツアーでした。

フリー・ザ・チルドレンのツアーは、何がちがうの?

5つのコンセプト
イメージ

その1!安心・安全第一のプログラムです。

スタディツアーでは、フリー・ザ・チルドレンが支援している地域を訪問します。現地にはその地域を熟知し普段から活動している私たちのローカルスタッフとともに、安心・安全第一でプログラムを組んでいますので、安心してご参加頂けます。

 

イメージ


その2!ありのままの現地を訪問し、子どもやおとなと触れ合えます。

スタディツアーでは、通常の観光ではなかなか体験できない、支援先のコミュニティを訪問し、その地域の人々の声を聞き状況を学び、彼らと交流できるプログラムとなっています。だから、現地のありのままの様子やそこから垣間見える人々の生活を感じることができるのです。

イメージ

その3!ボランティア・ワークで地域からより良い変化を起こせます。

スタディツアーでは、支援先から求められているニーズにあわせ、ツアーに参加する皆さんにボランティアをしてもらいます。例えば、学校建設のためのセメント作りや、ハーブガーデンを設置するための土堀り、子どもへのアクティビティ実施など、地域への貢献に繋がるより良い変化のための第一歩をツアー中に踏み出せます。

 

イメージ

その4!より良い世界へと変えるための、リーダーシップ・スキルを学びます。

フリー・ザ・チルドレンでは、「一人一人が、変化を起こす担い手である」という理念のもと、ツアー中に、世界をより良いものへと変えていくために、自分たちに何ができるのかを考えるワークショップ(ゲームやディスカッションなどを使った学びの場)を持ち、活動に取組むためのヒントやスキルを楽しく学べるようプログラムがデザインされています。

イメージ

その5!文化や自然を満喫できます。

スタディツアーでは、支援先への訪問だけではなく、その国の文化や自然を感じることができるプログラムになっています。ケニアでは、大自然のなかサファリ・ドライブがあり野生動物を間近に見ることができるでしょう。インドやフィリピンでは文化遺産に登録されている建造物への訪問などを通じて歴史を感じることができるでしょう。

 

募集要項

訪問地域

インド(デリー/アーグラー/ウダイプール)

予定宿泊

デリー:ホテルメトロハイツまたは同等クラス
ウダイプール:Araveli Cottages & Tented Camp または同等クラス

旅行日程

2017年8月7日月~13日成田発着
※他空港発着希望の方はお問い合わせください。

旅行代金

249,000円

※旅行代金に含まれない費用

-ビザ申請代金(インド入国にはビザが必要です。)

-燃油特別付加運賃、航空保険料、成田空港使用料、現地空港税:約約11,000円(2017年3月現在)

-海外旅行保険:6,950円~10,040円(69歳以下)

参加条件

-中学生以上(20歳未満の方は親権者同意書をご提出いただきます。)

-指定の海外旅行保険にご加入ください。

-FTCJメンバーへのご登録をお願いします。(登録無料)

*親子での参加大歓迎!中学生未満はご家族でご参加できます。

添乗員

同行しません。成田空港からフリー・ザ・チルドレン・ジャパンのスタッフが同行します。

最少催行人員

10名

募集締切

2017年6月19日(月)
※期限を過ぎてからのお申込みはお問い合わせください。

特別割引

早割:5月31日までにお申し込みいただくと、旅行代金より3千円引き!
ともだち・家族割:2人以上同時にお申込みでひとりにつき3千円引き!
※割引2つ以上の併用はできません。

食 事

朝5回、昼5回、夜4回分は旅行代金に含まれます。

申し込み

◆お申込み
下記のフォームよりお申込みください。
https://ws.formzu.net/fgen/S36 189506/
お電話でのお申込みはこちら
株式会社マイチケット 06-4869-3444

問い合わせ

※内容によって窓口が異なります。ご確認の上お問い合わせください。

◆プログラム内容についての問い合わせ
認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン info@ftcj.com / 03-6321-8948

◆申込み方法や旅行条件・キャンセル料などについての問い合わせ
株式会社 マイチケット info@myticket.jp / 06-4869-3444

利用予定航空会社 エアインディア
事前オリエンテーション

2017年7月中旬 東京オフィスにて開催予定

旅行企画・実施 エアーワールド(株)
大阪市中央区内本町2-2-14-207号
観光庁長官登録旅行業第961号
日本旅行業協会(JATA)会員

ご質問などありましたら、お気軽に事務局までご連絡ください。




Free The Children Japan (FTCJ) is a non-profit organization whose goals are to free children from poverty and exploitation and free young people from the notion that they are powerless to affect positive change in the world.

And we will be having a Volunteer and Leadership Trip to the India in August 2016!

 

■A Trip THAT CHANGES EVERYTHING

Build a school and learn first-hand about the joys and challenges of a traditional way of life in rural India. Connect with the local people and communities while exploring the colourful world around you. 

Recharge and reflect on your discoveries under arched pavilions in our bespoke Araveli Cottages and Tented Camp, surrounded by the picturesque pink hills of Rajasthan. This is your time to change the world.


■HElP BuIld A SUSTAINABlE VIllAGE 

On a FTCJ Volunteer Adventure Trip, every day is an opportunity to make a difference, 

develop deep and lasting connections, and build your legacy. 

Your personalized volunteer experience is centred on four pillars: 

school-building, cultural immersion, community education and adventure in communities where Free The Children works.

 

On this trip, we will be visiting Delhi, Agra and Udaipur.

Please join us and let's change the world together!


■Schedule

Day1  :Travel / Departure to Delhi, India

Day2  :Agra / Trip to Taj Mahal 

Day3-5:Udaipur / Travel to Udaipur:

 Visit communities and volunteer, Internaction with children,  Leadership training workshop and more!

Day6  :Travel / Sightseeing tour of downtown of Udaipur,  Return home ready to rock the world!

Day7: Travel / Arrival to Narita, Japan



◆Guidelines for applicants◆

【Visiting Region】India (Delhi, Agra and Udaipur)

【Travel Schedule】Aug.7.2017 to Aug.13.2017 Departure and Arrival at Narita

【Participation Fee】249,000yen
*Visa application fee is NOT included.

*The fuel surcharge fee, the aviation insurance fee, the airport tax and the Visa application fee are NOTincluded.

*Travel Insurance is NOT included. Each person must apply for the certain travel insurance we recommend. 

【Who can apply?】Junior high School Students or older who are willing to become a member of FTCJ and actively take action. 

*registration as an FTCJ member is required. Register here.

*Students who are younger than junior high school can join us with their parent or guardian to come with them. 

【Number of Participants】 a minimum of 9 participants

【Discount】    

Early-bird: Apply before Dec 20th, 2016 for 4,000 yen discount.

Friends and Siblings: Apply with your friend or siblings for 4,000 yen discount

(More than 2 people need to apply together at the same time to receive the discount).

【Deadline】Jan 10th, 2017

【Contact 】

◆Program Details

Free The Children Japan: info@ftcj.com

◆Apply,Cancell Policy,Travel conditions 

My ticket Inc.:info@myticket.jp

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加