子ども・若者の力を育てる国際協力NGO フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
HOME
Free The Children Japan » 海外事業 » どこで活動しているの? » フィリピンの子ども支援

フィリピン

フィリピンでの支援事業は1999年からスタート

フィリピンの首都マニラは、東京から飛行機で約4時間と日 本から比較的近くにあります。陽気で親しみやすい人々が多く、ビ ーチは美しく、豊かな自然であふれていますが、貧富の格差が大き く、紛争地域をかかえているなど課題もたくさんあります。

そこで、フィリピンの貧困下に置かれた子どもに焦点をあてた支援 事業を展開するため、フリー・ザ・チルドレン・ジャパンは設立時 の1999年からフィリピンの現地NGOとパートナーを組んで、 活動しています。フィリピンの貧困地域に暮す人々が自分の力で貧 困から抜け出し、自立できることをめざし、様々な支援事業に取組 んでいます。

知っていますか?

 

ご寄付はこちらから
クレジットカード口座振込

 

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンが
フィリピン支援事業で目指すこと

  • 児童労働や虐待から子どもを解放する。
  • フィリピンの先住民族や貧困地域で暮らす子どもたちが教育を受けられるように環境を整える。ひいては彼ら自身の力によって貧困から抜け出し自立できるように支援をする。そして、子どもとその周りにいるおとななど全ての人々が尊厳を取り戻し、かれらの権利がしっかりと守られるように手助けする。

支援のかたち

New!! (1)フィリピン 盲学校寮の屋根修繕とスクールバス購入プロジェクト

視覚障害学生たちが職業スキ ルを身に付けられるように、大学進学の道を諦めずに済むように、 そして中途退学しなくて済むように、学生たちの可能性を後押しし ます。フィリピン国立盲学校の寮の屋根の修繕・スクールバスの購入をし子どもたちの学習環境を整えます。
詳細はこちら

 

(2)ミンダナオ島 先住民族支援プログラム

ミンダナオ島の先住民族の子どもが教育や医療、きれいな水などにアクセスできるよう自立支援プログラムを行っています。

この地域の子どもとは、文通をしながら支援できる「文通プログラム」を用意しています!

詳細はこちら

(3)プレダ基金支援プログラム

1999年からパートナーを組んでいる現地のNGO「プレダ基金」とのプログラム。性的虐待を受けた少女や、刑務所から救出された少年への自立支援、貧困地域(先住民族)の自立支援活動を行っています。

詳細はこちら

 

(4)緊急・復興支援

大型台風などの災害を受けた地域で、現地のニーズに合わせ緊急・復興支援を行っています。

■2015年台風被害を受けた地域での学校建設事業 (フィリピン・レイテ島)
■2014年台風22号緊急支援(スマラガ島)
■2013年台風30号緊急・復興支援(ビサヤ地域)
■2012年台風24号(パブロ)緊急支援(ビナンシャン地域)

 

支援1:ミンダナオ島 先住民族支援プログラム

フィリピンの南にあるミンダナオ島と周辺諸島地域には約1400万人以上が住んでいるといわれていますが、そのうちの40%が1日2ドル以下で暮らしているとされ、字の読み書きができず、仕事や現金収入のない人々の割合が高く、フィリピンの中でも最も貧しい地域のひとつと報告されています。

フィリピンには古くから先住民族が暮しており、特に、ミンダナオ島の豊かな自然の中では、独自の神を信じ、特有の文化の中で生活する先住民族が多く存在しました。その後、イスラム教が伝来したことでイスラム教徒が増え、16世紀にスペインがフィリピンを侵略したことをきっかけにキリスト教が伝えられ、スペインや中国、その他島々などから移住してきた人々によって住みやすい土地を奪われ、先住民族は山奥へ追いやられるようになりました。現在、多くの先住民族が、都市から遠く離れた住みにくい土地で厳しい生活を送っています。

FTCJでは、こうしたミンダナオ島に暮す先住民族のひとつ「Dibabawon(ダイババウォン) 族」の人々、特に子どもが貧困からぬけだし教育を受けられ、健康的な生活が送れるようにするために支援活動を行っています。

支援先の村の詳しいデータはこちら

支援先の定期報告

寄付をする

文通プログラムを通してDibabawon(ダイババウォン)族の子どもを応援しよう!

文通プログラムに参加し、フィリピンを希望されると、ミンダナオ島に住むDibabawon(ダイババウォン)族の子どもと文通することができます。フィリピン文通プログラムの参加費の一部は、この先住民族の中等教育を受ける子どもへの支援に使われます。

詳細はこちら

支援2:プレダ基金支援プログラム

プレダ基金ってどんな団体?

プレダ基金は、フィリピン・オロンガポ市にある子どものためのNGO団体です。 団体名のプレダ(PREDA)は、Peoples Recovery, Empowerment and Development Assistanceの略で、「人々の回復や発展の支援」という意味です。

この団体は1974年、アイルランド人のシェイ・カレン神父と、フィリピン人のヘルモソ夫妻によって設立され、「子どもや女性、貧困層の人々を守る」とい う使命を掲げて活動しています。ノーベル平和賞に2 回ノミネートされるなどの実績もあげています。 

プレダ基金の主な活動

◆子どもがこどもらしく生きるためのプログラム

①虐待を受けた少女への自立支援

性的虐待を受けた子どもたちを救出・保護し、自立のための支援をする部門。家族、親戚、近所の住人…などによって性的虐待を受けたり、貧しく家族を支えるために、性産業で働かされ買春(かいしゅん)被害にあう子どもたちなど性的虐待や搾取には、さまざまなケースがあります。そういったつらい体験をした少女を救出し、プレダ基金の施設で保護する活動を行っています。

施設では、つらい経験から立ち直れるようなセラピーを提供するほか、虐待の加害者を見つけ出して裁判を起こしたり、被害者の子どもが社会復帰できるよう教育や職業訓練支援をしたりしています。

②法に触れた少年への自立支援

刑務所で不当な扱いを受けている男の子たちを救出する部門です。貧しさのために盗みなどの犯罪行為をしたり、単に路上にいただけで何の罪も犯していないのにおとなの犯罪者と一緒に過ごさなければいけない劣悪な環境の刑務所に入れられてしまった少年を刑務所から救出し、プレダ基金の施設で保護する部門です。施設では基礎教育や職業訓練、セラピー、家族との再会の機会を提供するなどし、社会復帰できるよう更生支援を行い、自立をサポートしています。

◆収入向上支援:フェアトレード

貧困層、先住民族の子どもが児童労働に従事しないでよいように、人々の自立を応援するプログラムです。貧困の中で生きる人々の地域が自立できるよう、学校を建てたり、きれいな水にアクセスできるよう井戸を設置したり、健康が守られるよう医療サービスにアクセスできるようにしたり、収入が得られるよう持続可能な農業の手法を教えたり、フェアトレードの商品開発・生産方法を人々に教え、商品を自らの力で生産し収入を確保できるよう支援しています。

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンはプレダ基金によって支援を受けた貧困地域の人々が作った雑貨やドライマンゴーなどのフェアトレード商品を日本に輸入し販売しています。

お買い物で国際協力!フェアトレードのページへ

その他、プレダ基金では、子どもへの虐待や搾取、感染症などを予防するための広報活動や、研究、アドボカシー活動など様々なプログラムを展開しています。

支援事業に関する情報

支援事業の報告

寄付をする

FTCJ Online Store:お買い物からはじめる、国際協力。

フェアトレード商品を購入して、
フィリピンの子どもを応援しよう!

FTCJショップではプレダのフェアトレード商品のジュースバッグや ドライマンゴーをはじめ、様々なフェアトレード商品や支援に繋がる商品を販売しています。ぜひご覧ください!

お買い物で国際協力!フェアトレードのページへ

FTCJオンラインストアへ

もっと詳しく学んでみよう!

フリー・ザ・チルドレン・ジャパンではフィリピンを学ぶための書籍やDVD、ワークショップ教材などを紹介、販売しています。

フィリピンの少女ピアが紹介されている書籍のページへ

ご寄付はこちらから
クレジットカード口座振込

 

このエントリーをはてなブックマークに追加