子ども・若者の力を育てる国際協力NGO フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
   

 

 ■ 2016.11.17 障害者の可能性を閉ざさない フィリピンたった1つの盲学校の挑戦

 ■ 2018.06.21 タンザニアからマサイ族の少年が来日!教育の大切さを考える出前授業を実施(6/24(日)-29(木))

 ■ 2018.10.03 高校生がつくった教材で子どもの権利を考えよう!世界の約束「子どもの権利条約」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   報道関係者各位


認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン        
2016年11月17日         

PDF資料
     
 





障害者の可能性を閉ざさない フィリピンたった1つの盲学校の挑戦

 


認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパンでは、フィリピンの視覚障害のある子どもたちが毎日学校に 通い続けられるよう、盲学校寮の屋根を修繕し、スクールバスを購入するプロジェクトの資金を募っています。

事業担当の石田は自身が全盲。障害者が可能性を広げ活躍できるような社会をつくるため、事業実施のために必要な 800万円を集めるべくクラウドファンディングに挑戦します。




視覚障害者が高校を卒業するためには屋根の修繕が急務―高校まで教育を受けられるよう環境改善
フィリピンにおける初等教育就学率は96%な一方、視覚障害者の初等教育就学率は5%未満、高校へ進学できるのは2%未満だと言われています。国内に盲学校は2校しかなく、高校卒業までの教育を提供しているのはフィリピン国立盲学校1校のみです。したがって大学進学資格を得るため、あるいは職業訓練を受けるため、フィリピン全土から志願者がいますが、学生たちが宿泊している築46年の寮の屋根は太陽の熱を直接寮内に通し、96人が生活できる寮の気温は午前でも35℃を超えてしまいます。


社会参加の機会を促進するためにスクールバスを新しくしたい
障害者は何もできない、教育を受けても仕方がない、そのように考えられている社会を少しでも変えるため、フィリピン国立盲学校の生徒たちは積極的にイベントやセミナーに参加し、教育を受けることで視覚障害者の可能性がどれだけ広がるかを披露し、障害者理解を深めようとしています。そのようなイベント参加のために使われているスクールバスは使用20年で、屋根や床には穴が開き、生徒たちの安全な移動が確保できなくなっています。今、このプロジェクトを届けることで、視覚障害のある子どもたちが毎日学校に通えるようになります。また教育を受けた彼らが外に出ることで、障害者理解や社会参加の機会が広がるのです。



     フィリピンの盲学校に通う子どもたちへ最高の学習環境を届けたい!という熱い想いから
    フリー・ザ・チルドレン・ジャパンの石田由香理がクラウド・ファンディングに挑戦します。
応援よろしくお願いします!



クラウドファンディング「Ready For」URL https://readyfor.jp/projects/ftcj_phspd
プロジェクト名: 障害者の可能性を閉ざさない フィリピンたった1つの盲学校の挑戦
目標金額: 8,000,000円 期間2016年11月17日~2017年2月15日





フィリピン障害者支援事業担当:石田 由香理

1989年生まれ。大学生時代にフィリピン・スタディーツアーをきっかけにフリー・ザ・チルドレン・ジャパンと出会い、現地パートナー団体スタッフの「この国ではまだまだ障害者は何もできない存在だと思われている。教育者として、僕は全盲の君が日本でどのように教育を受けてきたのかにとても興味がある」という言葉をきっかけに、 現地の障害児教育事情に興味を持つようになる。イギリスの大学院にて教育開発の修士号取得後、フィリピン駐在のNGO職員として勤務。現在はフィリピン障害者支援事業を担当している。

 

 

■本件に関する取材やお問い合わせはこちら■
認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン 〒157-0062東京都世田谷区南烏山6-6-5 3F
E-MAIL info@ftcj.com TEL03-6321-8948 FAX03-6323-6504 WEB http://www.ftcj.com/
担当: 石田由香理、河本千夏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

報道関係者各位

 


認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン        
2018年6月21日         

PDF資料
     






タンザニアからマサイ族の少年が来日!教育の大切さを考える
イベント・出張授業を実施(6/24(日)-29(木))
タンザニアのマサイ族の少年レボイ・レイザーくん(16歳)をゲストに迎えて

 

認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン(東京都世田谷区南烏山6-6-5 3階 代表理事 中島早苗 tel 03-6321-8948)はマサイ族の少年と教育の大切さについて考えるイベント・出前授業を6/24-29にかけて実施します。

世界中の子どもたちが教育を受けられることを目指す世界規模のイベント「世界一大きな授業2018」が、 2018年4月14日から6月30日まで世界100か国で一斉に開催されています。 その世界規模イベントの一環でタンザニアで教育支援を受けながら学校に通っているマサイ族の少年をゲストとして招き、 日本でもイベントや出前授業を実施します。 

現在、 世界で小学校に通えない子どもは6,100万人、 読み書きができない大人は7億5,000万人も存在します。 こうした事実の背景には、 戦争や貧困などはもちろん、 教育の機会が与えられなかった人々が直面する厳しい現実など、 さまざまな問題が隠れています。 

先日、 6月8日、 9日カナダにて開催されたG7シャルルボワ・サミットでも、 安倍晋三首相は途上国の女性に対する教育支援として、 2億ドル(200億円強)の資金拠出を表明しました。 

本イベントでは、 「世界中のすべての子どもたちが教育を受けるために」 私たちになにができるのか?
をマサイ族の少年と日本の子どもたちが共に考えます。 

◆高校生がイベントの企画運営
また、 6月24日に実施する一般市民を対象としたイベントは日本人の高校生が中心となり企画しています。 マサイ族の少年と日本人の高校生が協力して実施します。


【イベント詳細】
タイトル:誰でも参加できる「世界一大きな授業-You(th) Can Change The World-」
日時:2018年6月24日(日)13:00-17:00(開場 12:30)
場所:EF東京 東京都渋谷区2-15-1渋谷クロスタワー27階
費用:無料
会場提供・協力:EF東京
プログラム:
第1部 世界一大きな授業を体験しよう!
「世界一大きな授業2018」教材よりワークショップ体験
第2部 タンザニアのゲストスピーカーとの交流&ディスカッション
タンザニアからのゲストスピーカーのお話し、 ディスカッション

◆マサイ族の少年が日本の学校を訪問
6月25日 都内私立中学校訪問
6月26日 都立私立高校訪問
6月27日 都内私立中学校訪問
6月28日 都内私立高校訪問

◆ゲストスピーカープロフィール
Mr. Leboy Laizer/レボイ・レイザー
2001年6月20日生まれの16歳。 タンザニアのマサイ族コミュニティ出身。 レボイの生まれた村は北部タンザニアに位置する小さな村で、 水道や電気といった生活に必要なインフラが整っていない地域。 レボイの村に観光で訪れた当時イエール大学に在籍するスペイン人の学生が、 聡明で好奇心旺盛なレボイの可能性を応援したいと奨学金支援を行い、 その教育支援によってレボイは質の良い学校に通うことができるようになり、 優秀な成績で初等教育を卒業することができた。 また、 現在はタンザニアで上位の高校の一つである「テンゲルボーイズセカンダリースクール」の寄宿生2学年目として在籍している。 好きなことは、 バスケットボールやジャッキー・チェンの映画鑑賞。 将来は土木技師になり、 東アフリカの発展に寄与したいと考えている。 (写真左がレボイ)

 

■本件に関する取材やお問い合わせはこちら■
認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン 〒157-0062東京都世田谷区南烏山6-6-5 3F
E-MAIL info@ftcj.com TEL03-6321-8948 FAX03-6323-6504 WEB http://www.ftcj.com/

 

 

 

 

 

       報道関係者各位

認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン        
2018年10月3日         

PDF資料
     






高校生がつくった教材で子どもの権利を考えよう!世界の約束「子どもの権利条約」
「子どもの権利条約」記念日(11/20)に先立ち、
教材「スピーチから考える子どもの権利条約」を発売。



この教材は3人の子どものスピーチを通じて、子どもの権利について理解し、子どもは自分の権利を侵害する 虐待やいじめなどから身を守る方法を考えることができます。また、親は我が子を自身の付属物でなく主体性 を持ったひとりの人間として接することが大切であると理解できるようになります。

【制作にあたっての経緯】

世界の子どもの幸せの実現のために作成され各国政府に法的な義務が生じる「条約」である、「子どもの権利条約」が1989年11月20日に国連でできました。今年の「子どもの権利条約」記念日(11/20)に先立ち、NPO法人フリー ・ザ・チルドレン・ジャパン(以下FTCJ)の高校生・大学生メンバーとともに子どもの権利について考える本教材を制 作しました。

【子どもの権利条約とは】 1989年に国際連合の総会によって全会一致で採択され、1990年に国際的に発効。196か国が加盟しており、最も 幅広い国際的支持を受けている国際人権条約。日本も1994年にこの条約を批准しており、国内では憲法に次ぐ位置づ けが認められている。子どもに関するさまざまな事柄は、この条約の理念と規定を踏まえて決定・実行されなければなり ません。

 

【こんな方にお勧め】

・3人の子どものスピーチをもとに、権利を奪われた子どもについて考え、
子どもの権利条約について理解を深める。

・子どもの権利を学んだうえで、自分たちにできることは何かを考える。

・子どもの権利を侵害する様々な問題や状況に気づく。

 

【ねらい】
・3人の子どものスピーチをもとに、権利を奪われた子どもについて考え、子どもの権利条約について理解を深める。
・子どもの権利を学んだうえで、自分たちにできることは何かを考える。
・子どもの権利を侵害する様々な問題や状況に気づく。

【概要】

この教材を通して参加者は子どもの人生を想像しながら、辛かったこと、嬉しかったこと、やりたかったことを書き出 し、それに基づいて子どもの権利がどう関連していくかを結び付けて考えます。そうすることで、「権利」と聞いて、少 しとっつきにくいと感じる参加者も「子どもの権利」について理解を深めることができます。 参加者は、子どもの権利条約を学ぶことで、児童労働やいじめが、感情的に悲しいこと、悪いことだからよくない、と結 びつけるのではなく、「権利」が守られていないので解決しないといけない、そしてすべての子どもには「子どもの権利 」があり、すべての権利が守られるべきであると認識することができます。また、権利が守られていない子どもに対して 、自分にできることは何があるのかを考えることができます。

【対象】 小学校高学年以上~おとなまで(年齢の異なる参加者が同時に参加することも可能です。)
【所要時間】45~90分程度
【実施人数】 ファシリテーター(進行役)1人につき3-42人が望ましい
【価格】 3,500円(税込)
【セット内容】
(1)スピーチから考える子どもの権利条約進め方の手引き
(2)フィリピンの少女ピアのスピーチから考えよう
  →性産業で買春を強要されたフィリピンの少女のスピーチ内容
(3)コンゴ民主共和国のミシェルのスピーチから考えよう
  →5歳で誘拐され少年兵として働かされたコンゴの少年のスピーチ内容
(4)日本人の女の子まおのスピーチから考えよう
  →いじめを受けた経験のある日本人高校生のスピーチ内容
(5)ワークシート「子どもの気持ちになって書き出そう」
(6)知ろう!「子どもの権利条約」カード付ハンドブック(冊子)
(7)ワークシート「私たちにできることを考えよう」
(8)スピーチをした子どもの関連資料(データ)

【お申込み・詳しい内容・お問い合わせ】
http://ftcj.ocnk.net/product/262

【認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパンについて】
フリー・ザ・チルドレン・ジャパンは、1995年に当時12歳のカナダのクレイグ少年によって貧困や搾取から子ども を開放することを目的に設立された「Free The Children」を母体に1999年から日本で活動を始めたNPOです。開発 途上国での国際協力活動と並行して、日本の子どもや若者が国内外の問題に取り組み、変化を起こす活動家になれるよう エンパワーしています。(公式HP:http://www.ftcj.com/about-us.html

当プレスリリースURL https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000035268.html

NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパンのプレスリリース一覧 https://prtimes.jp/main/html/searchrlp/company_id/35268

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
広報担当:河本千夏 住所:東京都世田谷区南烏山6-6-5 3F
電話:03-6321-8948 メールアドレス:info@ftcj.com FAX:03-6323-6504